isai Beat LGV34 7週間使ってみた(カバー編)ついで

シェアする

isai Beat LGV34

isai Beat Quick Cover/Titan

「時計表示・受話操作・音楽再生も!窓から操作する純正ケース」

このブログで一番読まれているのが

setsuga.hatenablog.com

だったりします。

 皆さん実は「ぺらい」のお好きですねm

1ヵ月半使ってみて。の

ついでのレビューをしてみようかと思います。

裏返して利用

セカンドスクリーンとカメラの位置が同じため、

カバーを裏返しての撮影が可能です。

 が、

ぺらいので、自分で折り返したのは、

LoppiQRコードかざしたときと、

他1回のみです。。

なので、基本カメラ撮影時、

左側でカバーの蓋がぺらぺらしてます。

他者含め、5回ほど裏返ししましたが、

最初の1回目に裏返した瞬間から

開閉時の閉まり悪くなっているので、

回数重ねるとオートスリープ機能が喪失される気がします。

オートスリープ機能

こちらは大変優秀です。

さすがにカバーをつけた時の設定ができるだけあり、

・鞄の中で電源ボタンを押してもサブディスプレイが動作しない。

・鞄から取り出し利用すると動作する。

と、少しの差でも感知してくれます。

f:id:Setsuga:20170509060547p:plain     f:id:Setsuga:20170509060555p:plain

動画撮影中でも、ケースを閉じると

自動で動画撮影が終了し保存されます。

ペットの動画を撮る際等、

停止ボタンを押すよりも早いので楽かもしれません。

使い心地

開閉さえしなければ、

抜群の機能性で大変気に入っております。

セカンドスクリーン(サブディスプレイ)等々の

機能を最大限まで引き出します。

開閉すると・・

慣れるまでは「ぺらーい」と呟きたいカバー様です。。

慣れてしまえば、電話時やサブディスプレイ利用時本当に重宝です。

ただ。。

もう少し落下に強くしてほしかったなー。。

落下すると第一衝撃をカバーが吸収し、

第二衝撃でカバーが開いてスライディングするので、

落下だけは注意が必要です。。

カバーそのものは、

第一印象では、傷が目立ちそうな印象でしたが、

鞄内で、がま口部分と擦れても、擦り傷もつかない強度です。

本体の取り出しも、ハードカバーと違い、

シリコン風なので壊れる心配がなく、簡単に着脱できます。

誤ってカバーが外れることもありません。

今のところついた傷は以下の、落とした時の傷だけかな?

それも目立たないです。

f:id:Setsuga:20170509060559j:plain

補足までに・・

友人達に価格を伝えずに

見せ、触れて、カバーを外し

いくらだと思う?と聞いた感想。

「純正でしょ?端末専用でしょ?

うーん。

2,500円!」

だそうです^^;

実価格いうと驚かれること間違いなし!!

それでも私は愛用します!

isai Beat LGV34を使う限りは必需品かな・・

スポンサーリンク
カレンダー
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
カテゴリー
検索
カテゴリー
アーカイブ
最近の投稿