isai Beat LGV34 3週間使ってみた(電話編)

シェアする

先日カバー編について書きましたが、

さっそく部屋で落としました・・(-“”-;)

カバーの実力は・・

130cm程からフローリングへ落下。

第一段階でぺらい表カバーが保護。

第二段階(弾み)でカバーが開き、

フローリングを開いた状態でスライディング=3

ダメじゃん!!!!!

幸いにして家の中でしたので、無傷で済みました。

アスファルトの上だったらと思うと本当に怖いです・・

やはり強化ガラスが必須かと思われます・・

レイ・アウト isai Beat(LGV34)用 液晶保護フィルム 9H 耐衝撃 ブルーライトカット ハイブリッドガラスコート RT-LG34VFT/V1

いえ、、ショックはこのくらいに・・本日の本題へ。

電話編

『携帯「電話」』ですから、一番重要な機能ですよね!

こちらは大変満足しています!

純正のぺらいカバーをつけ、以下の設定を行うと、

f:id:Setsuga:20170404150605j:plain   f:id:Setsuga:20170404150615j:plain

f:id:Setsuga:20170407020739j:plain

緑の画面上部に着信が表示されます!(そりゃそうだ)

先程の「長押しで着信に応答」がONになっていますので、

左上の電話に出るボタンを数秒押すと、

このままの状態で電話ができるんです!!!!!(そりゃそうだ)

感動ですよ?

画面が汚れるのはセカンドスクリーンの緑の部分だけ!

マイク・スピーカーは本体の上下についていますので、

カバーをしたままでも十分な通話が可能です。

(こちらでは音声は大変クリアに聞こえますが、

 相手から、今まで聞こえた傍にいる猫のぐるぐる音が聞こえなくなった

 との情報があります。猫自慢したい人は機種変更前にご確認ください)

「でも電話終了時画面開けるんでしょ?」

「そんなことはありません!!!!」

f:id:Setsuga:20170407021437j:plain

実はisai Beat LGV34は、電源ボタン(指紋認証)が背面についています。

赤くした部分がそうです。

電話終了後はそのまま電源ボタンを押せば通話が終了します。

(他にも設定はありますが)

一度も画面を開くことなく、

画面に指紋や、皮脂や、

ファンデーションなんか付けずに、

通話を開始し、終了できるんです!

たまにハードケース愛用の方とかの、

着信時の相手名や、通話時間等が目に入ってしまうこともありますが、

こちらのカバーでは、ほぼ見られることなく通話が可能です。

深夜の更新のため、ネットショッピング風に少々壊れたテンションでお送りしました。

お付き合いありがとうございました。

スポンサーリンク
カレンダー
2017年4月
    5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
カテゴリー
検索
カテゴリー
アーカイブ
最近の投稿